忍者ブログ
プチ断食ダイエットのやり方。 断食ダイエットの方法。 ダイエットできる?口コミや噂を検証してみます。 プチ断食の方法、やり方などを研究してみます。 プチ断食を週末に無理をしないでチャレンジ。
  スポンサードリンク
アクセス解析
2017/04/26 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/11/26 (Mon)

●デトックスの第一歩?白湯とは?


白湯と書いて、「さゆ」と読みます。

Yahoo!の辞書によると、以下引用です。

「真水を沸かしただけの湯」

引用終わり。


まあ、読んで字のごとくタダの水を温めた物です。

胃と胃の周辺の大事な内臓をいたわる簡単な方法は、

温めてあげるのが一番簡単でよい方法だそうです。


白湯を意識的にたくさん飲むようにして約一年になるのですが、

個人的な感想では、味覚が鋭敏になった様な気がします。


食事の味付けが薄味でも、十分おいしく感じるようになりました。

私は、コーヒーが好きで毎日たくさん飲んでいたのですが、

以前よりコーヒーの味を「濃く」感じるようになり、飲む回数も

随分減りました。


白湯を飲むようになって、お通じも快便です。


「出し切ったぞ!!」という感があります。(^^!


デトックスの第一歩に、まずは簡単に出来る事として白湯を飲む事

なんかは直ぐに出来るので、良いかな~なんて思います。


PR
2007/11/25 (Sun)

●プチ断食の週末を利用したやり方


週末を使って、プチ断食をするとしたら全体の流れはだいたい

こんな感じでしょうか?


『金曜日』

断食に向けて、気持ちと体調を整える。

お昼ご飯は、普段より少な目に摂る。

夜ご飯は、お粥などごく軽食にする。

もちろん、お酒は飲まないで断食に備えましょう。

週末なので、同僚に飲み会や食事にさそわれても勇気を振り絞って(笑

断りましょう。


注意!!

体調が優れなかったら、今週末はプチ断食は中止しましょうよ?

このサイトに訪問して下さったのも、何かのご縁です。

あなたが、無理をして週末のプチ断食を決行した結果、お身体をこわしては

管理人の本意では有りません。

後、「気持ちのテンションが低い時」も断食は中止しましょうよ?

精神的にヘコんでいる時に、空腹になると更に気持ちが落ち込みます。

これは、管理人も体験済(笑

プチ断食に挑戦するなら、どうかあなたが、心も身体も元気な時にお願いしますね。


『土曜』


本断食です。

今日は、丸一日固形物は摂らない事が目標です。

固形物は摂取しませんが、水分は多目に摂りましょう。

いつもより「はるかに多目に」

ビールやワインなら何リットルも飲めるのに(笑

ただの水や白湯などは、案外飲めない物ですよね?

水分は、意識しないと中々「普段より多目」って難しいと思うんです。

ですから、水分摂取の目標を決めてこまめに飲みましょう。

あと、冷たい水よりは白湯(お湯)を飲んだ方が、内臓を温める事になり

胃や胃の周辺の内臓に優しいらしいです。


注意!!しつこい(^^!

お願いですから、無理そうだったら中止しちゃって下さい。


『日曜』


断食明けです。

むしろ、この日が本番かも。

お粥などの消化に良い物を食べて、少しずつ身体を慣らしましょう。

このサイトに「回復食」を手に入れられるサイトも紹介しますので

そちらも参考にされてみて下さい。


注意!!


断食に成功したからといって、週明けから飲み会にガンガン参加したら

意味がありませんよ(^^


2007/11/25 (Sun)

●プチ断食回復食


ネット通販の大手、「楽天市場」で「プチ断食」と検索すると

こんなのとか…

 

それから、こんなのも…

 

有りますが…

個人的には、水分は「白湯」回復食は「お粥」でいいかな… と思います。

精神的にも身体的にも金銭的にも無理をする必要は全く無いと思うのですが。

どうせお金を掛けて断食をするなら、どこかの断食道場に入門して、本格的な

断食に挑戦したい所ですよね。

 


こちらのネットショップさんは、実際に断食道場をされている方が店長さんです。

サイトでは、断食の体験談なども紹介されていますよ。

ファスティングダイエットを考えていらっしゃる方は、要チェックかも!

インターネット通販の大手、「楽天市場」で断食、またはプチ断食、

ファスティングダイエットで検索すると、沢山出てきます。

皆さん、ご自分の目的に合った商品が見つかると思います。
2007/11/15 (Thu)

●プチ断食と宿便について。


良く、断食やプチ断食をすると、宿便が排泄されて体調が良くなったり

お肌がきれいになるっていう噂を耳にしますよね?


実際はどうなんでしょう?


そもそも、宿便とは?


まず、西洋医学的に言うと「いわゆる宿便は医学的には無い!!」


だそうです…


私の全く個人的な体験なんですけど、適度に温めた「白湯」を1日1リットル以上

飲む習慣を続けていた事が有ります。


白湯飲みを続けていて、数日後やたらお通じの回数が増えました。

で、恐々便器の中を覗いてみると…


真っ黒い便(うんこ)が、こんもりと鎮座ましまして御座いました。(^^!)


「これが噂の宿便様か~」と妙に感動したのを覚えています。

 

しかし、「いわゆる宿便」は存在しない。

 

内視鏡で検査しても、腸壁にこびり付いている便は確認出来なかったそうです。


確かに言われてみれば、人の小腸の内壁の表面には、柔毛という無数の小突起で

おおわれているそうで、効率的に栄養素を吸収するために、表面積を無数の突起で

面積を稼いでいるそうです。


その小腸を構成する細胞は、新しく細胞分裂して供給される新しい細胞によって、

だいたい24時間で突起の頂上まで押し上げられていき、頂上に達すると

はがれ落ちて肛門から排泄されているそうなんです。

それで大腸の場合、腸壁には柔毛はないのですが、新たに増殖した細胞が次々に出現して、

古い細胞が剥がれ落ちて、常に新しい細胞でおおわれるようにしてくれているらしいんです。


こう考えると、「う○こ」が腸壁にこびり付くとはやっぱり考え難いですよね。


医学的には、断食の際に大量に排出される宿便と呼ばれるものは、腸内細菌の一部と

腸壁上皮細胞が排泄されたもの、という事にされているみたいです。


要するに、断食やプチ断食をすると便秘が治るっていう事ではないでしょうか?

で、便秘が治れば当然お肌の調子も良くなるし、体調も良くなるという事ではないでしょうか?

全くの個人的見解ですが。


でも、私が「宿便」だと思っていたのは一体???


2007/11/14 (Wed)

●プチ断食とは?


プチ断食する事によって、ある一定期間絶食すると、体が食糧の供給が停止したと

判断するそうです。

まあ、故意に飢餓状態にするという事でしょうね。


プチ断食により、体が食物による栄養の供給が停止したと判断すると、

体内に蓄積していた栄養を消費しようとします。

この時、余分な脂肪を燃やしてくれる?(はず…)


絶食中に、体内に蓄積した栄養が続く範囲なら、食事を摂取しなくても生命を維持でき、

その上、体の中の毒素も排出してくれるそうです。


一般的にはプチ断食により、疲れた内臓に休養を与え、内臓機能を回復させたり

余分な脂肪が燃焼させ、老廃物が排泄されて身体を内側から健康に。


または、断食で体に刺激を与える事により、自律神経やホルモン系、免疫系が目覚める。

頭が空っぽになり、すっきり爽快な気分になれる。

などと色々言われていますが、多分個人差があるでしょう。


それに、自己流でやると危険かもしれませんね。

2007/11/14 (Wed)

●断食の注意!


今まで、1日に3食なり2食なりを普通に摂っていた人が、プチ断食で

急に絶食するのは、精神的にも肉体的にも無理がある様な気がします。


私(管理人)は、海外旅行に行った時に、現地が週末で金融機関が休みだった事

があります。


銀行も郵便局も休みで、日本円を現地通貨に換金出来なかった事があります。

この時に、金曜の夜から月曜までの2日、水以外の食事を摂らなかった事があります。

(お金がないので食べ物を買えなかった)

この、たった48時間は本当に地獄の苦しみでした。

多分、体重もあまり落ちてなかったでしょう。


何事も「急に」や「極端」は禁物です。


『然るべき指導者の指導、監督のもとに』まずは半日から1日の

プチ断食から始める事をお勧めします。

 

 

2007/11/14 (Wed)

●プチ断食の口コミ。


ある断食道場に2週間コースの場合、実際の「本断食期」は7日間、回復食期が

7日間の構成になっているそうです。
 

一番空腹感の辛さを感じるのは、3日目だそうです。

それを越えると、だいぶ楽になり食物のことを考えない限り飢餓感は感じないそうです。

体重が、数キロ落ちるそうですが、殆どの方はリバウンドして戻ってしまうそうです。

一番難しいのが、回復食の摂り方と自宅に戻ってからの普段の食事だそうです。

いくらプチ断食で、減量出来ても、普段の食生活を改善出来なければ

プチ断食前の体重に戻ってしまう事は、考えてみれば当然ですよね。

減量を目的にするより、基礎代謝率を改善するなどの体質改善を目標にした方が

良いかもいれませんね。

 

2007/11/14 (Wed)

●プチ断食自己流の危険。


根性で断食しても3日が限界でしょう。

個人的な経験では、2日目から精神がおかしくなります。

私の場合は一日中、食べ物の事ばかり考えていました。

店先のパンや、果物がこの上もなくおいしそうに見えます。

「よだれジュルジュルとはこの事か」と思った物です。


そして断食は、断食その物よりその後の復食が重要なポイントだそうです。


ポイントなのでもう一度。


断食そのものより、断食明けの食事の摂り方がとても大切。


相当な精神力の持ち主ではない限り、自分で復食や断食明けの食事をコントロール

する事は不可能でしょう。


しかし、元々強靭な精神力の持ち主であれば、断食やダイエットが必要なほど

太ってしまう事は無いはずですよね。


自己管理がきちんと出来る人意外は、適切な指導者のもとで断食をやらないと、

体の機能がおかしくなって、食欲のコントロールが出来なくなるなど

断食以前より、相当太る場合もあるそうです。


プチ断食で体調を崩してしまっては、元も子もないですよね。


どうしても個人でしたいなら、完全断食は危険なので止めたほうがよさそうです。

1日3食をお粥にする、「お粥断食」程度にしておいた方が無難かもしれません。

そして、お粥断食を仮に3日続けたとして、それが終了したら、

次は2週間程かけてゆっくり食事を元に戻したほうが良いのではないでしょうか。


お粥だけで3日過ごすのも、中々厳しい物がありますが…


断食明けに復帰する時には、おかゆの量を徐々に増やして行き、少しづつ消化の良い

食べ物増やして行くと良いかも。


ここで一気に断食前の食事に戻してしまうと、取り返しのつかない事になる可能性が

有るらしいです。

肌の荒れや便秘、胃腸の具合がおかしくなるなど、何かしらの不調が間違いなく現れる

なんていう話も聞いた事があります。

 

 

2007/11/14 (Wed)

●プチ断食って?

プチ断食って、そもそもなんでしょう?

まずプチ断食の目的なのですが、宿便や毒素を排出させるなどのデトックス目的、それから

ダイエット目的でチャレンジされる方も多いみたいです。

それからプチ断食には痩せるだけではなく健康回復や、内臓を休める効果も有るそうです。

また、味覚など五感が研ぎ澄まされるという話も聞いた事があります。

プチ断食には一説によると、脳の疲労を癒す効果もあるとか。

期間はだいたい2~3日間で行います。

その期間に口にするのは、野菜ジュース、プチ断食専用食品(最近はこんなのまで売ってます)

を口にする程度なんだそうです。

プチ断食をする事によって、効率的に燃焼させる事が出来るそうです。

本格的な断食とは違って、期間が短いですから毎週末のみ行う事も可能です。

2007/11/14 (Wed)

●プチ断食の方法1日目。


1日目(予備断食)

いきなり、絶食をするのは体に悪いです。

プチ断食を急に初めて、いきなり胃を空にしてしまうと、消化液の影響で

胃壁を傷つけたりするらしいです。

それに、それまで1日3回食事を摂っていた人が

断食をある日から急に始めるには無理がありますよね。

そこで初日なんですが、昼食はごく軽く済ませます。

腹6~8分まで。

夕食は普段の半分くらいを目安にすると良いみたいです。

それから、就寝の3時間前までに済ませ水分を多目に摂ると良いらしいです。

もちろん、飲酒は控えましょう。



●プチ断食の方法2日目。


2日目(本断食)


いよいよ断食の本番ですね。

2日目の本断食では、水以外一切口にしません。

断食ですからね、一切食べちゃだめですよ。

個人的には、水道水より温めたお湯、つまり白湯が良いと思います。

温かいお湯は、普段酷使している内蔵を温めて労わる事が出来ますよ。

水分は普段より多めに摂取しましょう。

激しい運動は血糖値や血圧が下がるので止めた方が良いみたいです。

くれぐれも、水分の摂取は多めに。


●プチ断食の方法3日目。


3日目(復帰)


プチ断食で一番重要なのは、この最終日だそうです。

まる1日の空腹の後なので、お粥などの消化に良い

軽めの朝食を摂りましょう。


ここで一気に食べ過ぎてしまうと、リバウンドの原因に

なってしまうみたいなので、要注意ですよ。


お昼と夜の食事は、普段の半分位を目安にすると良いみたいです。

プチ断食で、仮に体重が減ったとしても、ここで油断すると

リバウンドしてしまうかもしれないので、十分気を付けたい

所です。

なお、プチ断食明けは、五感が研ぎ澄まされるらしいです。

 

SponsoredLink
ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
忍者ブログ [PR]